Entries

スポンサーサイト

E-mini口座開設

ようやく重い腰を上げて、E-mini口座を開設。ぼちぼちと始めていきます。...

RadarScreenでギャップ表示

トレーダー仲間のKさんと、あーでもないとやりながら何とかできました!目的は、マーケット開始前におよそのギャップ幅を把握して銘柄スクリーニングを行う為に「プレマーケットでのギャップ幅(Pre%)」を表示させます。更に、マーケットが開始して実際に寄り付いたら、Pre%から「実際の当日のギャップ幅(Gap%)」に切り替わるというもの。NASDAQ銘柄と違って、NYSEの銘柄はマーケット開始後すぐには寄り付かないため、寄り付...

ShowMeで30分ギャッププレイ

ShowMeは、ある条件を満たしたときにチャート上にマークを表示させる機能です。マーケット開始から30分のレンジをブレイクしたらその方向にエントリーする「30分ギャッププレイ」用に、マークをつけたのがこちら。緑は11/4の記事で紹介したギャップゾーンです。また、青&赤線はマーケット開始から30分のレンジ(ローソク足本体ベース)を示しています。このレンジを上に抜けたら各ローソク足の終値の位置に●、下に抜けたら●のマー...

レベルアップ、だ~!

11/18(土)は、ステップアップクラブというトレーダーの集いに参加してきました。この会は、特にTradeStationを利用されているメンバーが多く、トレード手法などに関する情報交換はもちろんですが、EasyLanguageでの記述方法に関しても非常に勉強になります。今回、自分は久しぶりの参加でしたが、大いに刺激を受けて帰って参りました!特にEasyLanguageの記述に関しては、レベルの高い方がおられ、自分ももっと勉強しなくては!...

日本株の価格データを読み込む(2)

それでは、昨日の続きです。今日こそ最後まで行きます(笑)ここから先はTradeStation8での操作となります。(2)NewChartを開き、"Format Symbol" → "Setting" → "LookUp" を選択。(3)"3rd Party" → "Add" で「Add/Edit Data Source」の画面に進む。(4)この画面を以下のように入力する。  Type:ASCII  Location:(Browseしてデータが格納されているフォルダを選ぶ)  Prefix:TickerSymbolのようなもの。「9...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。